◆ツイスト・カクテル

カクテル紹介

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

カクテルの案内です。

◆自家製セロリマスタードのブラッディ・サム

ブラッディ・マリーのベース替えカクテル、ブラッディ・サムのツイスト。
好き嫌いがハッキリ分かれるかと思いますが、ブラッディ・シーザーなどが好きな方には面白い味かと思います。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/ Continue reading

カクテル紹介

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

カクテルの案内です。

◆ローズペダルとキューカンバーのギムレット

クラフトジンと自家製コーディアルライムと自家製ローズペダルとキューカンバーのシロップで作る『ロング・グッバイ』のリツイストカクテルです。
スタンダードギムレットより甘口ですが、香りの強い仕上がりです。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/ Continue reading

ブラッディ・マリー

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

スタンダードカクテルの紹介です。

◆ブラッディ・マリー

ウォッカのトマトジュース割りとして広く認識されているカクテルですが、プレミアムウォッカを使用し、冷たいトマトスープの様な味わいに仕上げてあります。
ホットカクテルにアレンジする事も可能ですので、是非お試しを。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

カフェ・マロッキーノ

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

ホットカクテルの紹介です。

◆カフェ・マロッキーノ

イタリアのコーヒーを使ったカクテル。
刻んだチョコレートにエスプレッソとフォームミルクを混ぜ、ココアパウダーを振りかけるというカクテルで、真の由来は定かではないようですが、それが『モロッコ人の顔』に似ているという説があったりするそうです。
ホットショコラのコーヒーバージョンの様なものとしてイメージすると分かり易いかと思います。
本来のレシピはノンアルコールですが、こちらはアルコール版でご提供となっております。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

フレッシュカクテル

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

◆柿のカクテル

フレッシュの柿を使ったカクテル。
ご指定無い場合はこちらでスタンダード的に調合したものをご提案致しますが、アルコール強度、甘さの強弱等のお好みに併せてオーダーメイドでお出しも出来ますので、お気軽にどうぞ。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

フルーツカクテル

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

◆梨のカクテル

フレッシュの梨を使ったカクテル。
ご指定無い場合はこちらでスタンダード的に調合したものをご提案致しますが、アルコール強度、甘さの強弱等のお好みに併せてオーダーメイドでお出しも出来ますので、お気軽にどうぞ。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

商品紹介

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

商品案内です。

◆フィーバーツリー・プレミアムトニック各種
・・・2004年ロンドンで創業されたフィーバーツリー。
クラフトジンのカテゴリーが確立する中、トニックウォーターの特別性はあまり語られなかった状況を打ち破るべく、キナによる苦味と、人工ではない自然な甘味と香料から作られる本格的な味わいのトニックウォーター。

1、フィーバーツリープレミアムトニック
社名の由来であるフィーバーツリー=「キナの木」の天然エキスを使用したプレミアムなトニックウォーター

2、フィーバーツリー・メディタレーニアントニック
コンゴ共和国のキナの他、地中海地方のシトラス&ハーブのエッセンシャルオイルを使用したトニックウォーター。
ローズマリーやタイムのアロマが広がるフローラルな味わいで、シトラスの効いたジンとのペアリングに最適。

3、フィーバーツリー・エルダーフラワートニック
コンゴのキナの他、丁寧に手摘みした香り高い英国産エルダーフラワーを使用したトニックウォーター。
爽やかでフルーティな苦みが特長で、フルーティでフローラルなジンとの相性は抜群。

ジンとのマッチングの他、ウォッカ、シェリーやポートなどのフォーティファイドワインとの組み合わせもお勧めです。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

エスプレッソ・マティーニ

エスプレッソマティーニ

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

BARシーンにコーヒーのリキュールではなく、実際に抽出したコーヒーを使用するカクテルが少し前からトレンド化しています。
大手のカフェチェーン店でも大型の店舗にBAR空間を併設するなど、コーヒーでツイストするカクテルを提供するケースも誕生している様です。
『エスプレッソマティーニ』はウォッカをベースに抽出したエスプレッソをシェイクして作るカクテルとしてメジャーなので、今回ご紹介させて頂きました。
ちなみに、アルコール感を強く出したい時などは同じコーヒーリキュールでもエスプレッソリキュール、コールドブリューリキュール、樽熟成コーヒーリキュール等もあり、それらを代用。
イタリアにはイタリア式アイスコーヒーとでも言える『カフェシェケラート』と言うカクテルがありますが、ウォッカの代わりにフルーツシロップなどを加えてノンアルコールのものでお作りする事も可能です。
基本アイスコーヒー的なものなので夏の定番と言われますが、まだ暑い日も続いておりますので、ご要望の際はお気軽にどうぞ。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00
(土~日)18:00~02:00
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

アボカドとヘーゼルナッツのメスカル・アレキサンダー

メスカル

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

『アレキサンダー』はブランデーベースでカカオリキュールと生クリームを併せた甘口のスタンダードカクテルですが、生のアボカドを使用しメキシコの蒸留酒『メスカル』とヘーゼルナッツのリキュールに置き換えたツイストカクテルでご提供致します。
ミクソロジーカクテルとも言われたりしますが、既存のカクテルに使用されてきた以外の素材を使用したり、料理用の機材を使用したりして新しいカクテルを創造すると言う流れがあります。
ミクソロジーカクテルも一時期は遠心分離機や減圧蒸留などの本格的な化学機材まで使用する所までやり込む店もありましたが、あまり個人店などで流用するのが難しく、現在では自家製フレーバースピリッツや簡単な調理機材などを応用するツイストカクテルとして取り入れる店が多い様です。
ちょっと面白いカクテルとして紹介しましたが、味わう以前に味の想像が出来ないものはチャレンジしたくないと思う人の方が多いかと思います。
特段変わったものでなくとも、季節感のあるフルーツをジュース感覚に仕上げたものの方が何だかんだで受けが良かったりするので『商売』としてやりはしますが、いい加減フルーツカクテルだけが、さもオーセンティックバーのお勧めであるかの様にドヤ顔で作るのも飽きてしまったので、こんなカクテルもあると言う事で一つどうぞ宜しくお願いいたします。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00
(土~日)18:00~02:00
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

モスコー・ミュール ~自家製ジンジャービア~

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

モスコーミュールが甘口のカクテルであると認識している人が多いようです。
モスコーミュールは居酒屋メニューと思われていると言う点もその要因かと思いますが、このカクテルもBARでは定番。
なので、普段モスコーミュールを良く飲むからこそBARではどんな風になるのか。
そもそもモスコーミュールを飲んだことが無い人も是非試して欲しいものです。
『モスコー・ミュール=モスクワのラバ=ラバに蹴っ飛ばされるくらい効くという意味』と言う程に、実は結構辛口のカクテルであります。
レシピはスミノフウォッカにライムを加えジンジャービア(ジンジャーエールとは別物)で割り、銅製のマグカップで作られるものがオリジナルのレシピと言われています。

ちなみにジンジャービア(ビア=ビールと言ってもノンアルコール)の起源はイギリス。生姜と糖分を加えた水にイーストを加えて発酵させて作られたものなので、発酵過程で糖分は酵母の養分となる為に甘さは少なくショウガの味がダイレクトに来ますが、ジンジャーエールはショウガ以外にもシナモンやナツメグと言ったスパイスが入り発酵をさせないもの。
ジンジャーエールの正確な歴史が調べても良く分からないので、推測としてまとめると多分アメリカの薬屋で外科医のトーマス・カントレルがジンジャービアを模倣してショウガ以外にスパイスを配合したゴールデンジンジャーエールとして発明。発酵させないので甘さが残る。その後カナダの科学者で薬剤師のジョン・マクローリンが炭酸水にジンジャースパイスフレーバーを加え、甘さを抑えたものとしてカナダドライジンジャーエールが発明され人気が移る。
当時ゴールデンよりも甘くないと言う意味でドライと言う名称を付けたもの。
また、現在ウイルキンソンが出しているものはスタンダードが英国風のハードな辛口(多分昔のゴールデンスタイルとジンジャービアの中間あたりを意識している?)と、ドライジンジャーは北米風のマイルドな甘口としてリリースされており、実際現行のカナダドライジンジャーエールが甘口なのは流行から甘口に移行していったのかも知れません。
勝手にまとめた推測なので真相は分かりませんが、この先の説明の為に必要だったので参考まで。

少し以前。ほんの10年程前では、モスコーミュールと言うとカナダドライの甘口のものを使用するレシピがほとんどで、少しこだわった店だと辛口ジンジャーエールを使用するケースが多かったようです。
当時からジンジャービアはあまり出回っておらず(出ても終売になってしまったり、コストが高かったり)、自家製でジンジャービアを作って使用しているBARが少数あった程度なようで、背景には随分昔からジンジャービア→ゴールデンジンジャーエール→カナダドライジンジャーエールに人気がシフトした経緯があった様に思います。
ただジンジャーエール単体でジュースとして飲むのならカナダドライが飲みやすいですが、アルコールに併せると甘すぎてしまう為、辛口の方がBARのアイテムに向いていると言った事もあるかのように感じます。

現在ではジンジャービアも市販(と言っても一般消費者向けではありませんが)で安定的に入手可能になりましたが、ビアと言いつつも酵母の香りや風味が乏しく、単なる炭酸入りのショウガジュースの様に思えてならず・・・
で、トニックウォーター同様、『無ければ自分で作る理論』で酵母香も加えたジンジャービアを自家製しております。

前置きが長くなりましたが、ノンアルコールながらもビアと名乗る訳なので、イーストはイーストでも折角だから普通のドライイーストでは面白くありません。
かと言って、本来ジンジャービアを作る様の酵母である『ジンジャービアプラント』は日本では入手困難。
シャンパン酵母と言う考えもありましたが、カナダドライが元々ノンアルコールのシャンパンを意識した造りをしていると言う事もあった事、それにビアと言うくらいなのでビール用の酵母を使用。
ホップのキレを生かすと言うよりも酵母の複雑味と香りを重視したい事とジンジャービアがイギリス発祥と言う事もあり、イングリッシュエール用のイーストを使用し発酵させたジンジャービア。
そこに組み合わせてホップ感を出す為には、サンフランシスコのアメリカンクラフトビールの教科書と言われるアンカー社が手掛けるホップ入りウォッカを併せる事で、クラフトビールを思わせる仕上がりにしております。

また、ある程度冷やしはしますが香りを重視するべくグラスは銅製ワインカップに置き換え、氷は入れておりません。

アメリカ産ウォッカを使用している時点で『モスコー・ミュール』ではなくなりますが(最早『サンフランシスコ・ミュール?』)、細かい事は気にしません。旨ければそれで良いのです。
伝統だの正統だのに、いつまでも支配されて執着していては何も始まりません。
マティーニにしても本当に100年200年前のレシピをそのまま再現すると温くて甘いものになってしまいますし、もともとマラリア対策と言われるジントニックにしても今の日本でマラリアが流行している訳でもなく、キニーネ入りトニックウォーターと言っても実際にはキナ抽出物としてしか認可が降りないと言った事情もあり、そのレシピが公式的に公開されている訳でもないので厳密な完全再現は不可能と言えます。
旨いものを作る為に古きを遡る事もあれば新しきを追求する事もある。
仮にその中で多少の勘違いがあったとしても、それで良いのではないかと考えます。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00
(土~日)18:00~02:00
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/