◆燻製とアラカルト

6/21(月)は休業致します。

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

先日ブログにて6/21(月)以降の予定を未定とさせて頂いておりますが、改めて6/21(月)につきまして休業とさせていただきます。

流れとしましては明日以降に県のコールセンターに不明点の確認をした上で告知の予定でおりますが、まず明日にコールセンターの連絡先が公開される確証が無い事。またコールセンターが開設されたとして電話がスムーズに繋がる確証も無いという事。そして繋がったとして追加で必要設備があった場合にそれから準備を行うとなると当日に営業開始が難しいと言う判断となります。
もしかすると遅い時間に開店も可能かもしれませんが、ギリギリまで中途半端に期待を持たせた挙句に失望させる様なやり方と言うのは私の趣味ではありません。
恐らく多くの方々はそれが好ましいと思っている為にその様なやり方がまかり通るのでしょうが、あいにく私は少数派ですので明確に休業とさせて頂きます。
なお6/22(火)以降につきましては都度にでも改めたく存じますので宜しくお願い致します。

さて、深淵を見つめるとき深淵もまたこちらを見つめている。と申しますように、暗い話ばかりに目をやり続けると自身が深淵に取り込まれ生きる以外の目的が無い死んだ目つきになります。
死に進むことを知り、生に退くことを知らない私は個人的に気が滅入りますので深淵に共感をしませんし、敢えて覗きません。
今日も元気にオタッキーな自家製メニューお伝えします。

◆自家製マスカルポーネのアイスクリーム

当店では賞味期限の足の速さから牛乳を取り扱っておらず、カルーアミルク的なカクテルのオーダーを受けた時に冷凍保存が可能な形でアイスクリームを自作しております。
ただ長期保存が可能と言うだけで普通のバニラアイスを作っても面白くありませんので、折角なら単体でも楽しめる形でマスカルポーネを使用したアイスクリームとなっております。
通常営業であればリキュールなどをかけると言ったお勧めも出来るのですが、今回はあくまで単体のアイスクリームとしての紹介となります。
自家製と言っても100%乳製品ゆえの乳臭さを緩和するためにアブサンを入れているくらいでそこまでクセを強くはしておりません。ですのでコーヒーや抹茶、一般的なノンアルコールカクテルとも相性が良いかと思われます。
なおリキュールは使用できませんが、カクテル用のノンアルコールシロップと言うのも様々御座いますのでそちらを代用しても十分に楽しめるかと思います。是非お試しを。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

自家製タリアテッレ ~自家製ブレックファストソーセージとブルーチーズのクリームソース~

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

諸事情により写真のアップロードが出来ないため、紹介文のみです。
インスタグラムには投稿しておりますので、写真ご覧の場合はそちらをご参照ください。
https://www.instagram.com/hideoutmartini/
ちなみに撮った写真についてもソーセージを入れ忘れると言う不備がありますが、実際にはソーセージ入りとなります。

◆自家製タリアテッレ~自家製ブレックファストソーセージとブルーチーズのクリームソース~

パスタ麺は市販の乾麺ではなく自家製でモチモチした弾力のあるタリアテッレ。
タリアテッレはソースに絡みやすくボロネーゼなどにも適していますが、今回はひき肉をソースにするボロネーゼとは一風変えてブレックファストソーセージとクリームソースで併せます。
ブレックファストソーセージは一般的なソーセージの様に腸詰めで加熱するものではなく剥き出しのソーセージ。
分かり易く言うなら棒状のハンバーグと言った具合です。
こちらはセージとローズマリーなどのハーブで風味付けしてあり、ブルーチーズのクリームソースで併せております。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

『チーズ・マドレーヌ』と『アガベ・ライム・スマッシュ』

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

今日はデザートとノンアルコールカクテルの組み合わせでのご紹介です。

◆マドレーヌの2種チーズ焼きとアガベ・ライム・スマッシュ

以前紹介しましたベイクドチーズケーキはゴルゴンゾーラとマスカルポーネで作ったもので少なからずブルーチーズのクセがあり苦手な方にはお勧めしにくい部分があるのですが、今回はマドレーヌをケーキに見立てクセの少ないゴーダとパルミジャーノを使用しチーズ感を前面に押し出す形でチーズケーキ風にしたものとなります。

なおマドレーヌにはアーモンドパウダーではなくアマレットリキュールで風味を加えております。
なお通常はカクテル・ゴッドファーザーを煮詰めたソースを垂らしますが、そうなるとコーヒーや紅茶などの定番的なマッチングに纏まりがちになりそうなので、敢えて外してカクテル・トミーズ・マルガリータを煮詰めたものを併せ、ライムの酸味をアクセントにしております。

そんな訳で併せるドリンクはトミーズ・マルガリータをノンアルコールにツイストしたモクテルを提案してみたく思います。
“トミーズ・マルガリータ”はテキーラにアガベシロップとライムジュースでロックスタイルで提供するサンフランシスコ生まれのツイストカクテルですが、テキーラを使用しない以上マルガリータと言うよりメキシカン・ライム・エードともアガベ・ライム・スマッシュとでも名付けても良さそうです。

マドレーヌに限らずですが、デザート様に使用するソースは仕込み済みではなく即興で作る事が可能ですので、コーヒー、紅茶、その他お好みのモクテルに併せたソースをマッチングしてみても面白いと思われます。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

『ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのベイクドチーズケーキ』

先日、洋酒を併せた羊羹のご紹介をしましたが、今回もデザートのご紹介です。

通常営業であった時にウイスキーやブランデーのストレートをお勧めしたいときに、ハードリカーのみの提供ですと初心者にはハードルが高いと考え、それらが進みやすい様に一緒にご案内したりしていたものですが、昼営業となってしまったのでコーヒーのお供としてのご案内となります。

今日ご紹介するのは『ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのベイクドチーズケーキ』です。
ブルーチーズのクセの強さをクリームチーズで和らげると言った具合です。
ちなみに土台に使用する生地も当然自家製でありまして、くるみとラムレーズンを砕き刻んだものの上にケーキ生地を乗せて仕上げたもので、折角BARで手作りしたケーキでありながらアルコールが提供出来ない現在ではカクテルのラスティネイルを煮詰めたソースを振りかけます。

また一緒に写ってるのは『横式サイフォン』とか『ベルギーサイフォン』とか呼ばれるものですが、機能的には要するにサイフォンですが、一般的なサイフォンと比べると動きが独特で見た目的にも楽しめるかと思われます。
『コピ・ルアク』などの高級コーヒーを抽出するときにサマになりそうですが、あまり高級なコーヒー豆はカクテル用に使う事も想定するには現実的ではない為、本日は同じインドネシアの豆でマンデリンをチョイスしてみました。

コーヒー以外にも紅茶もご用意ありますのでどうぞお試しを。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

抹茶と水羊羹

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

羊羹。
その起源は羊のスープであったそうです。

もともと中国の料理で羊の肉を煮たスープの類であったようで、日本に伝わった際に材料の肉が小豆に置き換わったそうです。
さて。つまり何が言いたいかと言うと、いわゆる一般的に広く伝統的とされる和菓子の羊羹は小豆のこしあんを使用し寒天または蒸す等して固めて作ると言うものですが、その時点でほぼ原型を留めていないという事。
そしてカクテルと言うものも元々は複数の飲料を組み合わせたジャンクなもの。
さらに一時期ミクソロジーカクテルの世界では食べるカクテルと言うものを提案しているバーテンダー、ミクソロジストが居たことも事実。
では羊羹に洋酒を混ぜても面白いのではないかと思い作りました。

◆マティーニの羊羹

羊羹は小豆を茹でる所から2度の漉しを行い、水羊羹よりも食感があり、練り羊羹としては口どけの良い所を狙って作っており、また羊羹に併せる関係で一般的なマティーニのレシピをそのまま加えている訳ではありませんがドライジンをベースにリキュールや燻製醬油、和三盆などを加えスモーキーマティーニを感じられる様な作りにしております。

一般的なカフェでコーヒー、紅茶はあっても、抹茶を点てる店は少ないだろうと言う事と、マリアージュ的な部分で抹茶と併せます。

洋の雰囲気での提供ではありますが、BARで和喫茶と言うのも斬新かと思いますので、是非お試しください。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

燻製アラカルト

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

燻製の紹介です。

◆燻製ナッツ&燻製卵&豚バラベーコンのコンフィ

・燻製ナッツ(左)ミックスナッツの燻製
・燻製卵(中)鶏卵を燻製にしたもの
・豚バラベーコンのコンフィ(右)豚バラを燻製した上で低温殺菌調理で柔らかくしたもの

チャームでお出しするほか、単品でもご提供可能です。

 

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

自家製ケーキ

いらっしゃいませ。
川崎、元住吉のBARハイドアウトマティーニです。

◆ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのベイクドチーズケーキ

イタリア産チーズのゴルゴンゾーラとマスカルポーネで作るチーズケーキです。
下地にはポートワインに付け込んだドライレーズンを併せてます。
ウイスキーやブランデーの他、酒精強化ワイン、ヨーロッパ系ビール、コーヒーカクテルなどと共にどうぞ。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00(L.O 01:00)
(土~日)18:00~02:00(L.O 01:00)
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

ラム肉の燻製生ハム

生ハム

いらっしゃいませ。川崎は元住吉のスピークイージー、『ザ・バー・ハイドアウトマティーニ』から燻製のご紹介です。

◆ラム肉のドイツ風燻製生ハム◆

オーストラリア産の羊肉(ラムのモモ肉)を生ハムにしました。

生ハムには国や製法によって色々と種類があり、イタリアのプロシュートやスペインのハモンセラーノなどの塩漬けと乾燥のみで製造されるものが有名ですが、今回はドイツ式のラックスハムに習い、燻製でお作りしております。

一般的な生ハムは豚肉などで作られますが、筋肉繊維が細かく脂肪が入り込みにくい仔羊の赤身モモ肉で作る燻製生ハム。

他の家畜肉と比較すると若干のクセがありますが、ほどほどのスパイスと洋酒と共に塩漬けすることで極々軽くマスキングを行い、複数の燻煙材を使用し低温でじっくり長時間燻煙。肉が固くなり過ぎない程度の低温熟成で燻香と良く馴染ませております。

鉄板のウイスキーの他にも、フィノシェリーやアモンティリャードシェリーなどとも相性が良いと思われます。

是非お試しを。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~ 

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F       
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分 
TEL:044-820-6956 
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。 
営業時間:18:00~02:00  
定休日:不定休 
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

燻製ドライソーセージ

ドライソーセージ

いらっしゃいませ。川崎は元住吉のスピークイージー、『ザ・バー・ハイドアウトマティーニ』から燻製のご紹介です。

◆マトン肉の燻製チェバブチチ◆

チェバブチチはバルカン半島や旧ユーゴスラビアなどの地域が起源とされる皮無しのソーセージで、トルコの有名料理『ケバブ』に由来し、『小さなケバブ』と言う意味があるとも言われております。

家畜肉に香辛料を混ぜたもので、豚肉を食べる事が出来ないイスラム教徒の間で羊肉のチェバブチチが広まったとされ、その味わいはパワフルでジューシー。

本来はバーベキューなどで焼いて食べられますが、今回は燻製しドライソーセージに仕立てました。

マトン肉にシナモンやクローブを主体とした適度なスパイスでマスキングを施し、長時間の低温燻製後に、低温熟成でお作りしております。

常温ですとサラミの様な質感ではありますが、羊肉の脂肪は融点が高い為、提供前に軽くオーブンで加熱してのご提供。これによりマトン肉とスパイスと薫香が調和した香りが立ち、ジューシーな仕上がりとなります。

マトン肉と言うと一般的に獣臭さがすると思われる方も多いですが、羊のクセの強さとスモーキーフレーバーが調和し、アイラモルト等のウイスキーと良くマッチします。その他にも、黒ビール系などのどっしりとしたドリンクとも相性が良いと思われますので、是非お試しを。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~ 

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F       
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分 
TEL:044-820-6956 
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。 
営業時間:18:00~02:00  
定休日:不定休 
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/

マンガリッツァ豚のベーコン

ベーコン

いらっしゃいませ。川崎は元住吉のスピークイージー、『ザ・バー・ハイドアウトマティーニ』から燻製のご紹介です。

◆マンガリッツァ豚の厚切りロース・ベーコン・ステーキ◆

マンガリッツァ豚はハンガリー固有の豚で、スペインのイベリコ豚と祖先を共にすると言われる品種です。またイベリコ豚と同じく飼育方法に特徴があり、トウモロコシ、どんぐり、カボチャ、甜菜と言った、自然飼料による放牧で育成されます。

一般の豚肉と比べ、霜降りの率が高くコレステロールの原因とされる飽和脂肪酸の含有量が低い為、ヘルシーな脂身を持ち、『ハンガリーの食べられる国宝』とされる豚です。

今回、こちらの豚肉をベーコンに仕立てました。

日本でベーコンと言うと、豚バラ肉を温燻で作るケースが一般的で、他の部位を使用すると『ショルダーベーコン』、『ロースベーコン』と言った様に区別され、ベーコンにも種類が色々とありますが、本来『Bacon』と言う言葉はゲルマン語から古フランス語に借用した言葉で、背中の肉(ロース肉)を意味するとされております。(*『Back』と語源的に関連が有るとも)

また、マンガリッツァ豚は脂肪の含有量が多い為、脂肪と赤身のバランスが良いロース肉を使用。

そして、その脂肪の融点は低く、低温で溶ける為、通常の温燻ではなく低温でじっくりと燻製後、提供前に加熱してお出し致します。

ウイスキーやオロロソシェリー、アモンティリャードシェリー、エールビールとも相性が良いですが、非常にジューシー且つヘルシー。液体の様に滑らかな脂身の味わいは最早単体でもお勧め出来るかと思われます。

是非お試しを。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~ 

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F       
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分 
TEL:044-820-6956 
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。 
営業時間:18:00~02:00  
定休日:不定休 
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/