【初心者向け】カクテルベースについて


カクテルのベースに使用するものはウォッカ、ジン、ラム、テキーラ、ウイスキー、ブランデー、リキュール、ワイン、ビール等がありますが、これらが何なのかを説明します。
取り合えず手っ取り早くイメージする為の内容であり、あまり難しい事は敢えて端折りますので、ご容赦ください。

【ウォッカ】
北欧原産の穀物などを原料にアルコール度数を上げた酒。
クセの無い焼酎のアルコール度数を上げたもの。あるいはアルコールを含有した水とイメージされると良いかと思います。
取り合えず原料だの製法だのややこしい事は考えなくて結構です。

【ジン】
穀物などを原料にハーブやスパイスを入れてアルコール度数を上げた酒。
ウォッカにハーブやスパイスを入れて香りをつけたもの。少し薬品のような松脂の様な香りがします。
何のスパイスが入っているかなどは取り合えず無視です。

【ラム】
サトウキビを原料にアルコール度数を上げた酒。
サトウキビの処理の仕方などによって味のバリエーションも色々ありますが、甘いウォッカのようなものであったり、甘いウイスキーのようなものもあったり、甘いブランデーのようなものがあったりと言うイメージで結構です。
難しい事は一切考えないでも大丈夫です。

【テキーラ】
リュウゼツランを原料にアルコール度数を上げた酒。
香りが爽やかでスッキリしていてアルコールの臭みがあまり無いスムースな味。
サボテンが原料と思われている方も多いようですが、取り合えずそれで結構です。違いますけど。
ただ、口から火が出る。バカみたくアルコールが高い。罰ゲームの時の酒と言う認識は止めてください。
また酒を味わって飲みたいのであれば初めからそう言う店に行かない方が間違ったトラウマになる事もありません。

【ウイスキー】
樽で寝かせて豊潤で複雑な味と香りのするウォッカだと思ってください。
ビールのアルコール度数を上げて樽で寝かせたものと思って貰っても結構です。
日本の一般的なハイボールにはこれが入ってます。

【ブランデー】
果物を原料にアルコール度数を上げた酒です。
ぶどうから作られるもの。ワインを蒸留したものと言う認識で大体合ってます。
バブリーなイメージがありますが、今や有名シングルモルトやジャパニーズウイスキーの方が高い事も多いので、変に委縮しなくても大丈夫です。

【リキュール】
果実や薬草。その他何かの種などを漬け込んだりして作る酒。
梅酒の梅の代わりに色々なものを漬け込んだ酒だと思ってください。
甘いものが多くカクテルベースにしか使用しないものと思われがちですが、抑え目のものや、そのままストレートやロックで飲めるものもあります。

【ワイン】
醸造酒です。
発酵させて作ったものです。
一般的にはぶどうを発酵させたものがワインとして認知されていますが、広くは果物を発酵させたものがワイン。穀物を発酵させればビールになり、米を発酵させれば日本酒です。

【ビール】
麦を原料に発酵させた酒です。
味は・・・
苦くてスッキリしてて炭酸が入ってて黄色です。
これは世界中に数百、数千とあるビールのカテゴリーの内の一つに過ぎませんが、要するにそれです。

取り合えず大雑把な説明でした。
知らなくても数杯飲んだり通ったりするうちに慣れますし、無理に覚えなくとも特段問題ありませんが、お勉強をして武装しないと駄目だと思いがちな方は参考にされると良いでしょう。

The Bar Hideout Martini ~ザ・バー・ハイドアウト・マティーニ~

〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月3-8-17 TS店舗2F
東急東横線 元住吉駅西口より徒歩5分
TEL:044-820-6956
※営業中はお電話に出る事が出来ない場合がございます。
営業時間:(月~金)20:00~02:00
(土~日)18:00~02:00
定休日:不定休
公式ホームページ:http://hideout-martini.com/